統計データで見る耳鳴り


耳鳴り治療 ⇒ 耳鳴りで苦しむあなたへ ⇒ 耳鳴りの統計データ


耳鳴り治したい方へ

耳鳴りに苦しむ方々のデータ

考え方を変えると良くなる ←|→ 脳は変えられる

   苦しいのはあなただけではありません
   多くの方が耳鳴りで苦しんで、治療しています。

   耳鳴りの有症率

     有症率


   耳鳴りの程度

     耳鳴りの程度


   常時鳴っている方の気になる症状

気になる症状





関連記事


耳鳴りで苦しむあなたへ
耳鳴りは原因を理解して、あなたに合った最も近い治療をする事で必ず改善されます。
耳鳴りの原因、耳鳴り治療法、耳鳴り治療診療機関を解説・ご紹介をします。
あなたが中高年以降の男性で原因不明の耳鳴りに悩んでいたら、をお読み下さい。
耳鳴りを改善するには、チョットしたコツが有ります。 これについては自身の経験を踏まえて5章2項で説明します。 自宅で行う「耳鳴りに効くツボ」刺激も有効です。
耳鳴り治療は耳鳴りを正しく知ることから始まります。 まずは、知ることで耳鳴り治療の第一歩を踏み出しませんか?
耳鳴りが発生するきっかけ
内耳(蝸牛)での障害により耳鳴りが発生することが圧倒的に多い。
内耳(蝸牛)は非常に精密な構造なので、一度障害が発生すると元に戻す事が非常に困難だと言われています。
このタイプでは治療も様々施されますが、なかなか改善しません。
蝸牛での障害がきっかけでで起こる耳鳴りは根本的に「消す」ことは難しいです。
しかし、完全に消すことの難しい耳鳴りを「変えてゆくこと」は可能です。 改善してゆくことができます。 完治は難しくても、改善する事は可能です。
耳鳴りの悪循環メカニズム
「音の回路」と「苦痛を感じる脳」が結びつくことで、耳鳴りを苦痛と感じます。
耳鳴り治療を妨げる一番の要因が「苦痛回路」です。
今までしていなかった耳鳴りが急にしはじめると、皮質下は耳鳴りを「重要な音・危険な音」と判断して、大脳皮質へ送り込みます。(意識に上がります)。
これは、人間が変化を危険と感じる動物で、恒常性を保とうとするからだとも言われています。
その耳鳴りに対して、非常に不快を感じた場合、苦痛を感じる脳(大脳辺縁系、自律神経系)が働き耳鳴りに対して苦痛を感じる様になります。
あなたに合った耳鳴り治療をしよう
ここではあなたの耳鳴りを改善させる治療法を紹介します。
耳鳴りに慣れることを目的にした治療法です。
脳の皮質下・大脳皮質・大脳辺縁系・自律神経系に働きかけ、徐々に耳鳴りの悪循環の回路を弱めてゆく治療法です。
耳鳴りの苦痛は脳の可塑性という変化する性質を利用することで軽減することが出来ます。
ただし、こうした脳の変化を利用する治療にはどうしてもある程度の時間が必要です。 しかし、改善は必ず起こります。
耳鳴りは幾つかの種類に分類される
耳鳴りは幾つかの種類に分類され、原因や症状が分類の目安となります。
病的耳鳴り:病気が原因で起こる耳鳴り
自覚的耳鳴りの90%は内耳の蝸牛疾患と言われ、専門の耳鳴り治療を施しても、改善が難しい耳鳴りに入ります。
生理的耳鳴り:健康な人にも起こる耳鳴り
自覚的耳鳴り:治療が厄介な耳鳴り
他覚的耳鳴り:周りの人も聴こえる耳鳴り
難聴と耳鳴りの関係
耳鳴りの症状がでる難聴は、主に三種類に分かれます。
まず一つめは「突発性難聴」です。これは、片耳だけに耳鳴りと聞こえづらい症状がでます。自覚症状を感じるまでに時間がかかる他の難聴と比べて、ある日突然聞こえづらくなったという自覚症状があります
二つめは「老人性難聴」です。これは、左右の両耳に耳鳴りと聞こえづらくなる症状が同時にでます。耳鳴りの音は「キーン」といった高音です。
三つめは「メニエール病」です。これは、片耳のみに耳鳴りと聞こえづらくなる症状がでます。耳鳴りの音は「ザー」「ゴー」といった雑音のような低音です。
耳鳴りのTRT療法
TRTはtinnitus retraining therapyの頭文字で「耳鳴り順応療法」と呼びます。
1994年に米国で考案され、ヨーロッパなどで普及して、日本では2002年に導入されました。
現時点での耳鳴り治療の最先端療法で、最も耳鳴りを改善できる療法です。
慶応大病院では、耳鳴りの強さや聴力などの検査後、耳鳴りがどうして起きるか、なぜ苦痛に感じるか、といった知識を丁寧に説明します。患者の希望や状況に応じて臨床心理士の面談も行います。「受診者の約8ー9割は軽症。説明を受けて納得し、苦痛が緩和される人が多い」と話します。
高齢者の難聴に関して
難聴と耳鳴りはセットで表れますが、耳鳴りを伴わない難聴について解説します。
耳鳴りを伴う場合には耳鳴りが酷くなる為、注意して行って下さい。
加齢で聴力の衰えに悩んでいる人は多い。
高齢者の難聴の一般的な対処法は補聴器を使うことです
が、本人の意識や周囲の気遣いで、難聴が改善されることが有ります。 難聴が進行すると会話が成立しなくなり人との接触を避けて、篭りがちになります。 難聴でも改善する方法は有ります。