神経生理学モデル


耳鳴り治療 ⇒ 耳鳴りで苦しむあなたへ ⇒ 耳鳴りの神経モデル


耳鳴り治したい方へ

なぜが苦痛なのか その1

耳鳴りが発生する理由 ←|→ 耳鳴りの悪循環メカニズム

神経生理学モデル

なぜ耳鳴りが苦痛なのかはジャストレボブ博士の耳鳴りの神経生理学モデル
で説明できます。

このモデルは「音の回路」と「苦痛を感じる脳」からなりますが、2つが結びつくことで、耳鳴りが苦痛となる回路が出来てしまいます。
こうなってしまったら治療が困難になります。

モデル

皮質下

皮質下には多くの音を大脳皮質まで送る・送らないという「音の取捨選択」をする重要な機能があります。

あなたにとって「重要な音」や「危険な音」は大脳皮質まで達します。

その反面「不要な音」は大脳皮質(意識)に届く前に処理されてしまいます。耳鳴り音は危険な音と認識される為、処理され捨てられる事は有りません。




「音」は皮質下で選別されます。

音の選別

重要な音・危険な音
人ごみの中で自分の名前を聞いたり、サイレンの音が聞こえたりした時、音が小さくても気が付いた経験があると思います。
皮質下には「重要な音」「危険な音」を判断して「音」として認識させる機能があります。

不要な音
会話を録音したものを聞いた時、会話中には気が付かなかった様々な音が混じっているのを経験したことがあると思います。
これは、皮質下が「不要な音」と判断して大脳皮質に送る前に処理してしまう為、会話中には音として認識していないからです。

大脳辺縁系・自律神経系

大脳辺縁系・自律神経系は、「苦痛を感じる脳」と呼ばれています。

大脳辺縁系:不安やイライラ・怒りなど人の原始的な感情を司っています。
自律神経系:内蔵の動きや血圧など意志では制御できない、体の働きを司っています。

多くは、「苦痛を感じる脳」が回路を作り上げてしまっている為専門治療でも思う様に改善が進みません。