考え方を変えるだげで改善


耳鳴り治療 ⇒ 耳鳴りで苦しむあなたへ ⇒ 考え方を変えると良くなる


考え方を変える事が改善になる

耳鳴りとストレスの関係 ←|→ 耳鳴りの統計データ

考え方を変えるだけでも、改善になる

人間は、ある出来事に対して、それまで培ってきた「考え方」で無意識に判断し、「ある感情」を抱きます。感情を司るのは考え方です。



耳鳴り 矢印  否定的な考え方 

耳鳴りで眠れなかった。
毎晩起こるだろう。
耳鳴りの為、幸福でない。
夕食を楽しみたいが、夕方は耳鳴りが苦痛。
映画も見たいが、耳鳴りで集中できない。
耳鳴りがうるさく仕事に集中できない。
一生耳鳴りと付き合うのはつらいことだ。

矢印 不快な感情

不安
心配
辛い
暗く沈む
やる気が出ない
イライラする
孤独感
など

↑ ↓ 
変える 矢印 肯定的な考え方

耳鳴りは有ったが、最終的には眠れた。
耳鳴りを治療して幸福になれば良い。
耳鳴りと味覚は別物と割り切ろう。
全編集中しなくても良いとしよう。
仕事も先週よりははかどった。
治療は時間が掛かるものだと思って取り組もう
 
矢印 不快な感情

不安
心配
辛い
暗く沈む
やる気が出ない
イライラする
孤独感
など





意識的に考え方を変えてもどうなるものでも無い、とお思いの方のいると思います。
しかし、判っていてでも意識的に(強引に)考え方を変えるだけで、脳は簡単に騙せてしまう事が最近の研究で判ってきました。


最新の研究では、これが治療の第一歩になる事が判明。

判っていながらで結構です。強引にでも考えかたを変えて見て下さい。

こんな事が治療になるんです。脳とはそういう物だと医者は言います。


ストレスを和らげる「腹式呼吸法」

人は不安になると、浅く速い呼吸を胸でする傾向があります。
深くゆっくりした呼吸をおなかで行うとことで、不安を和らげることができます。

@身体全体が楽になり姿勢をとります。
A右手を胸に、左手をおなかに置いて、左手だけが動く様に呼吸します。
Bゆっくり1,2,3と数を数えて息を吸い込み、 ゆっくり1,2,3と数を数える間息を止めます。
Cそのあと、ゆっくり1,2,3と数えながら息を吐き、再度 ゆっくりゆっくり1,2,3と数を数える間息を止めます。
D BとCを繰り返します。