お年寄りの難聴では補聴器が有効


耳鳴り治療 ⇒ 高齢者の難聴に関して ⇒ 補聴器は早めに


難聴に関して

お年寄りの難聴では補聴器が有効

相手と正対・語尾をはっきり ←|



耳鼻科で補聴器の使用を勧められたら、慣れる為にも早めに使用開始した方が良いです。

これは眼鏡を使う場合と同じで、慣れが必要になる為です。

但し、耳鳴りがあって、耳鳴り治療を受けている場合は医師と相談して下さい。
基本的には耳鳴りがある場合は、補聴器は耳鳴りが酷くなります。

補聴器と言う単語は医療品認可を受けた製品にのみ使用が許可されています。
認可を受けていない製品には補助聴音器、聴音補助器などの名称が使われています。
本人に会うか会わないかが判断材料となります。


  

 補聴器の仕組み 

補聴器は、周りの音をマイク、その音を調整・増幅して、耳に送る装置です。
方式には、アナログ式ディジタル式があります。

・アナログ式
従来から使われている方式の補聴器で、マイク拾った音をアナログ信号として直接増幅
する方式。

・ディジタル式
マイクが拾ったアナログ信号ディジタル信号に変換して調整・増幅を行い、
再度アナログ信号に変換して、耳に伝える方式。

長所は、雑音を少なくしたり、ハウリングの発生を抑えられることです。
短所は、変換器などを設置するため、サイズが大きくなり、費用も高額です。


 補聴器のタイプ(形状) 

・箱タイプ
本体とイヤホンで構成される補聴器で、小型のトランジスタラジオに似ています。

・耳掛けタイプ
耳にかけて使う補聴器で、幅広く使われています。髪の毛で耳が隠れるような人では
ほとんど目立ちません。

・耳穴タイプ
耳の穴に差し込んで使う補聴器です。あまり目立ちませんが、耳の穴が密閉されてないと、
補聴器がから漏れた音を、補聴器が拾って増幅し「ピーピー」というハウリングが発
しやすくなります。

・カナルタイプ
使う人の耳の穴の形に合わせて作る補聴器です。
聴力検査の結果をもとに、増幅する音や増幅の程度を、事前設定することができます。

補聴器を耳の穴に挿入するので、音が自然な方向から入るうえ、外見上もほとんど目立たず、
運動も可能です。


 骨伝導方式の補助聴音器 

上に挙げた補聴器は、音を増幅・調整する仕組みですので鼓膜欠損や気道損傷、耳小骨障害
等の難聴には余り有効ではありません。

医療品ではありませんが、骨伝導方式の補助聴音器もあります。

骨伝導(骨導音)は伝音系をとばして直接聴神経系に音を振動として伝える為、鼓膜欠損や
気道損傷、耳小骨障害などの、伝音難聴には有効です。






  補聴器 オムロン耳穴タイプ補聴器 \17,800円(税込)

 ※補聴器(医療用具許可番号:13BZ2721)
 左右両用タイプ超小型補聴器。
 ボリューム調整、耳穴の大きさも設定簡単
 電池寿命約260時間
 
  シーメンス補聴器 補聴器販売・調整 スマートヒヤリングエイドサービス

 ※補聴器
 管理医療機器管理者登録番号:05010030号
 近畿一円限定、出張付き調整販売。
 \43,000円から各種

 
  耳太郎 生の聞こえを実感「耳太郎」

 ※補助聴音器
 人工耳介技術を応用。
 \71,400円から各種
 10日間無料貸出し実施中

 
  骨伝導 骨伝導聴音補助器
 ※補助聴音器
 デラックスタイプ:\32,000円 (税込)
 ヘッドホンタイプ:\24,570円 (税込)
 イヤホンタイプ :\19,600円 (税込)
 電池寿命約60時間


  ※補聴器    : 医療用品として登録された製品。
  ※補助聴音器 : 医療用品として未登録の製品。




関連記事


難聴でも工夫で聞えが改善します
高齢者の難聴は内耳の蝸牛内の細胞(音振動を電気信号に変換する細胞)が老化する事で起こります。
単に音が小さく聞えるだけで無く、高音や子音が聞えずらく「音は聞えても、話す言葉が聞き取れない」という人が多くなります。
病院では、難聴の方の生活上の困りごとに合わせて、個々に解決策を提案しています。
難聴の人でも、周囲の気遣いや本人の意思で、聞こえがさらに改善される場合もあります。
「難聴だと知られるのが嫌だったが、思い切って相手に伝える事を実行して 見たら、随分聞き取りやすくなり外出が楽しくなった。」 と言う例もあります。
耳鳴りで苦しむあなたへ
耳鳴りは原因を理解して、あなたに合った最も近い治療をする事で必ず改善されます。
耳鳴りの原因、耳鳴り治療法、耳鳴り治療診療機関を解説・ご紹介をします。
あなたが中高年以降の男性で原因不明の耳鳴りに悩んでいたら、をお読み下さい。
耳鳴りを改善するには、チョットしたコツが有ります。 これについては自身の経験を踏まえて5章2項で説明します。 自宅で行う「耳鳴りに効くツボ」刺激も有効です。
耳鳴り治療は耳鳴りを正しく知ることから始まります。 まずは、知ることで耳鳴り治療の第一歩を踏み出しませんか?
あなたに合った耳鳴り治療をしよう
ここではあなたの耳鳴りを改善させる治療法を紹介します。
耳鳴りに慣れることを目的にした治療法です。
脳の皮質下・大脳皮質・大脳辺縁系・自律神経系に働きかけ、徐々に耳鳴りの悪循環の回路を弱めてゆく治療法です。
耳鳴りの苦痛は脳の可塑性という変化する性質を利用することで軽減することが出来ます。
ただし、こうした脳の変化を利用する治療にはどうしてもある程度の時間が必要です。 しかし、改善は必ず起こります。
難聴と耳鳴りの関係
耳鳴りの症状がでる難聴は、主に三種類に分かれます。
まず一つめは「突発性難聴」です。これは、片耳だけに耳鳴りと聞こえづらい症状がでます。自覚症状を感じるまでに時間がかかる他の難聴と比べて、ある日突然聞こえづらくなったという自覚症状があります
二つめは「老人性難聴」です。これは、左右の両耳に耳鳴りと聞こえづらくなる症状が同時にでます。耳鳴りの音は「キーン」といった高音です。
三つめは「メニエール病」です。これは、片耳のみに耳鳴りと聞こえづらくなる症状がでます。耳鳴りの音は「ザー」「ゴー」といった雑音のような低音です。
耳鳴りのTRT療法
TRTはtinnitus retraining therapyの頭文字で「耳鳴り順応療法」と呼びます。
1994年に米国で考案され、ヨーロッパなどで普及して、日本では2002年に導入されました。
現時点での耳鳴り治療の最先端療法で、最も耳鳴りを改善できる療法です。
慶応大病院では、耳鳴りの強さや聴力などの検査後、耳鳴りがどうして起きるか、なぜ苦痛に感じるか、といった知識を丁寧に説明します。患者の希望や状況に応じて臨床心理士の面談も行います。「受診者の約8ー9割は軽症。説明を受けて納得し、苦痛が緩和される人が多い」と話します。