栄養失調は耳鳴りのもと


耳鳴り治療 ⇒ 耳鳴りの原因 ⇒ 栄養失調は原因の1つ


耳鳴りの原因

栄養失調は耳鳴りのもと

脳の異常で起こる頭鳴り ←|→ 極端なダイエットも原因

栄養失調
栄養失調とは、耳を初めとする体の各器官を正常に機能させるための動力源、
栄養素が体内で不足している状態のことを指します。

栄養失調は主に、誤ったダイエットを続けたり偏った食生活を続けたりすることで起こり、
病気への抵抗力が落ちたり骨が脆くなったりと、体にさまざまな障害をもたらします。




耳の働きを支える栄養素たち

一口に栄養素と言ってもその種類は膨大であり、それぞれの働きも違います。

では、不足すると耳鳴りを引き起こしてしまう栄養素とは一体どんなものなのでしょうか。

マグネシウム

マグネシウムは、神経線維を構成しその働きを支えている栄養素です。

マグネシウムが不足すると、蝸牛から音の振動を受け取って脳に伝える役目をもった蝸牛神経の
機能が低下して、耳鳴りが発生しやすくなると言われています。

亜鉛

亜鉛は、内耳器官の一つである蝸牛を支えている大切な栄養素です。

食物繊維や鉄分の過剰摂取などで亜鉛が欠乏すると、音の信号を内耳神経に伝達する器官である蝸牛の機能低下が起こるため、耳鳴りの発生に繋がります。

ビタミンB12

ビタミンB12は、ミエリンという神経線維を囲んでいる物質を作り出す栄養素です。

ビタミンB12は、耳鳴治療で必ず処方される薬です(正確にはサプリ)。

ミエリンは電気信号の伝達を円滑にするために存在しており、ビタミンB12が不足して生成されなくなってしまうと、電気信号に変換された音の情報を脳に伝える内耳神経の働きが低下して、耳鳴りを引き起こします。

これらは耳鳴り治療の定番薬で、耳鳴り外来で先ず最初に処方されます。

但し、これで耳鳴りが改善する人は先ず今の社会ではいません。

耳鳴りの90%を占める蝸牛障害には、これら薬物による耳鳴り治療は無力です。




関連記事


耳鳴りが発生するきっかけ
内耳(蝸牛)での障害により耳鳴りが発生することが圧倒的に多い。
内耳(蝸牛)は非常に精密な構造なので、一度障害が発生すると元に戻す事が非常に困難だと言われています。
このタイプでは治療も様々施されますが、なかなか改善しません。
蝸牛での障害がきっかけでで起こる耳鳴りは根本的に「消す」ことは難しいです。
しかし、完全に消すことの難しい耳鳴りを「変えてゆくこと」は可能です。 改善してゆくことができます。 完治は難しくても、改善する事は可能です。
脳の異常で起こる頭鳴り
頭鳴りの原因にはまず脳の障害が考えられます。
さらに原因となる脳の障害には2種類あるのですが、その内の1つは大脳の側頭葉にある聴覚野と呼ばれる部分の障害です。
そしてもう1つは、脳の血液の流れが悪くなる脳血管障害です。
脳血管障害により血流が悪くなると、雑音が発生して頭鳴りの音として感じられるというわけです。
脳血管障害はMRIで発見でします。聴覚野の障害による耳鳴りを説明します。 なにも恐い病気でおこる訳ではありません。
音響性外傷による耳鳴り
騒音ともいえるライブは確実に耳鳴りを起します。蝸牛に傷が付くからです。
ライブ後の耳鳴りは音響性外傷が原因?
ライブは歌や音楽を楽しむためのイベントです。
憧れの歌手の歌声や楽器の大音響に合わせて騒げばストレスも発散されるというものでしょう。
しかしその快楽とは引き換えに、耳の器官は少なからずダメージを受けています。 ではそのダメージにより引き起こされる障害、音響性外傷と耳鳴りの関係に付いて考えます。
あなたに合った耳鳴り治療をしよう
ここではあなたの耳鳴りを改善させる治療法を紹介します。
耳鳴りに慣れることを目的にした治療法です。
脳の皮質下・大脳皮質・大脳辺縁系・自律神経系に働きかけ、徐々に耳鳴りの悪循環の回路を弱めてゆく治療法です。
耳鳴りの苦痛は脳の可塑性という変化する性質を利用することで軽減することが出来ます。
ただし、こうした脳の変化を利用する治療にはどうしてもある程度の時間が必要です。 しかし、改善は必ず起こります。
難聴と耳鳴りの関係
耳鳴りの症状がでる難聴は、主に三種類に分かれます。
まず一つめは「突発性難聴」です。これは、片耳だけに耳鳴りと聞こえづらい症状がでます。自覚症状を感じるまでに時間がかかる他の難聴と比べて、ある日突然聞こえづらくなったという自覚症状があります
二つめは「老人性難聴」です。これは、左右の両耳に耳鳴りと聞こえづらくなる症状が同時にでます。耳鳴りの音は「キーン」といった高音です。
三つめは「メニエール病」です。これは、片耳のみに耳鳴りと聞こえづらくなる症状がでます。耳鳴りの音は「ザー」「ゴー」といった雑音のような低音です。
耳鳴りのTRT療法
TRTはtinnitus retraining therapyの頭文字で「耳鳴り順応療法」と呼びます。
1994年に米国で考案され、ヨーロッパなどで普及して、日本では2002年に導入されました。
現時点での耳鳴り治療の最先端療法で、最も耳鳴りを改善できる療法です。
慶応大病院では、耳鳴りの強さや聴力などの検査後、耳鳴りがどうして起きるか、なぜ苦痛に感じるか、といった知識を丁寧に説明します。患者の希望や状況に応じて臨床心理士の面談も行います。「受診者の約8ー9割は軽症。説明を受けて納得し、苦痛が緩和される人が多い」と話します。
高齢者の難聴に関して
難聴と耳鳴りはセットで表れますが、耳鳴りを伴わない難聴について解説します。
耳鳴りを伴う場合には耳鳴りが酷くなる為、注意して行って下さい。
加齢で聴力の衰えに悩んでいる人は多い。
高齢者の難聴の一般的な対処法は補聴器を使うことです
が、本人の意識や周囲の気遣いで、難聴が改善されることが有ります。 難聴が進行すると会話が成立しなくなり人との接触を避けて、篭りがちになります。 難聴でも改善する方法は有ります。