ストレスと耳鳴りの関係


耳鳴り治療 ⇒ 耳鳴りで苦しむあなたへ ⇒ 耳鳴りとストレスの関係


耳鳴り治したい方へ

なぜ耳鳴りが苦痛なのか その3

耳鳴りの悪循環メカニズム ←|→ 考え方を変えると良くなる

ストレスと苦痛を感じる脳と耳鳴りの関係

苦痛を感じる脳は、あなたが何らかのストレスを感じることで、より活発に
働き始めます。
ストレスを感じている時はささいな事でもイライラする事が多くなります。
外からのストレスによって苦痛を感じる脳の働きは活発になり、音の回路
と結びつきます。
これで耳鳴り自体を嫌なものとして強く受け止めてしまいます。

ストレス

あなたを苦しめていた脳のメカニズムを理解する事により、耳鳴りへの対処方法
も考えられる様になります。
苦しい耳鳴りが緩和され、少しでも楽になれる治療法は必ずあります。

治療法は「あなたに合った耳鳴り治療を」の章で紹介します。




ストレスと耳鳴りの関係

最近では、ストレスがきっかけで耳鳴り・難聴の症状を訴える人が増えています。
若い女性で「急性低音障害型感音難聴」になる例が増えてきています。

この病気は耳鳴りや難聴を伴います。

この病気になると「ゴー」と言う低い音がしたり、耳が詰まった様な感じになり、
自分の声や周りの音が響く様になります。

発症のきっかけは、慢性的疲れ、風邪、ストレス、睡眠不足などが挙げられます。

また、ストレスによる「心因性難聴」と言う難聴もふえています。
小学生であっても、親子関係や友人関係のストレスによる「心因性難聴」にかかる
事があります。

このタイプの耳鳴り治療は主にカウウセリングが主体となります。
ストレスが軽減すれば、耳鳴りも自然と消えます。